FXジャコの“ボラタイル”な日々

ツイストオペレーションとは?

今週はEFSFの機能拡充案を唯一批准していなかったスロバキア議会の動向が注目されていました。残念ことに1回目の投票では否決されたものの、2回目の投票では無事可決に至り、安堵感からユーロは上昇しました。その一方で、週前半のドル円は硬直状態が続いていました。あまりにもボラティリティが少なく、まるで固定相場制になってしまったかのようでした。水曜夜(日本時間)には少しは上昇しましたが、この一週間のドル円レンジは76.32円〜77.48円と約1円ほどです。

 

米国は9月FOMC(公開市場委員会)で新たな金融政策として“ツイストオペレーション”の実施を決定しました。ツイストオペレーションとは、2012年6月末までにFRBが保有する残存期間3年以下の米国債を4,000億ドル分売却する一方で、残存期間6年超の米国債を同額購入するというもの。つまり、通貨の供給量は変えずに“短い期間の債券を売って、長い期間の債券に買い替える”というものです。

 

新たに量的緩和を実施するとインフレ圧力が高まりやすくなるために、元々ある資金内で買い替えという手段でやりくりし、FRBのバランスシートの拡大を抑制しました。

 

また、債券は買われると
債券価格は上昇し↑
金利(利回り)は低下する↓
となるため、ツイストオペレーションによって短期債券が売られると債券価格は下落、短期金利は上昇しますが、長期債券が買われると債券価格は上昇、長期金利が下落するため、住宅ローンなどの融資金利が下がることによる“住宅購入促進”などを狙って景気の回復要因にしようという政策です。

 

すでに住宅ローン金利は引き下げられていますが、住宅への投資意欲が湧いてきていません。こうした状況下で、市場ではツイストオペレーション効果をかなり疑問視しています。

 

為替の変動要因の一つとして、金利の高い国の通貨へ資金が集まる傾向(ドル円相場のベンチマークとして日米2年債の金利差がある)があるため、短期金利の上昇は本来であればドル高要因となるはずですが、景気回復期待の後退などを背景にしたドル売りや欧州諸国の問題が緩和されるとユーロ買いドル売りとなり、その影響でドル円では売り買い交錯し値動きが限定的となってしまいます。

 

ちなみに、FOMCではこの他にすでに保有しているMBS(政府機関発行の住宅ローン担保証券)の元本償還資金(満期金)を、同じMBSに再投資する方針も同時に表明しています。

注目の生活にかかわるキーワード


電話占いならリエルで安心 https://lierre.in/
朝、目覚めたとき、なんだか漠然と不安を感じてしまう。昼、いつもの日常の中、本当にこのままでいいの?と思ってしまう。夜、1人部屋の中、誰にも言えない悩みで押しつぶされそうになる。電話占いリエルでは、あなたの不安を包み込み、一緒に解決へと導いていく占い師がいつでもあなたを待っています。

PICK UP SITE


国内バイナリーオプションとは、日本国内のネット証券会社、FX業者によって提供されているバイナリーオプションのことをいいます。海外金融事業者によって提供されているのは海外バイナリーオプションと言われています。現時点ではバイナリーオプションだけ提供している国内ネット証券、FX業者存在せず、証券総合口座やFX口座を開設する際、国内バイナリーオプション口座も同時に開設するか、これらを口座開設後に業者のシステム内で追加口座開設をすることになります・・・・
国内バイナリーオプション業者の比較  binaryoption-fxsec123.com/bohikaku/ranking

 


バイナリーオプションにはFXのように「買い」「売り」という概念はありません。「コール」と「プット」のチケットを買う取引の基本となります。これがバイナリーオプションを始めるための最低限の基本、基礎知識といえます。まずは、このバイナリーオプション投資の基本的な仕組みの説明します。バイナリーオプションとは、「あるものを、決められた日に、決められた価格で買う(売る)権利」のことで、買う権利の「コールオプション」と、売る権利の「プットオプション」の2種類があります。オプション取引では、株や為替そのものではなく、それを「売買(売り買い)する権利」を売買します。たとえば「1週間後に1ドル76.000円でドルを圓う」というコールオプションを買った場合、実際の価格が77.000円に上昇しても76.000円で買う権利が行使できるのですから、1円の儲けになります・・・
バイナリーオプションの王道

 

バイナリーオプションに新しい風が!ノックアウトオプションに注目。

最近日本国内のFX界隈に新たな革命が起きている。これまでとはまったく異なる商品設計で、オプションと言われている市場が急拡大している。その牽引役になっているのがIG証券から2018年9月にリリースされたノックアウトオプションだ。

 

ノックアウトオプションの最大の特徴は、非常に高い資金効率で取引ができますこと。予め損切りのレベルを設定できるノックアウトレベル次第でFXのドル円を1,000円位の投下資金で取引が可能に。またポジションは最長1年間保有できるためFXやCFDと近い感覚で、自由度の高い取引が可能です。

 

IG証券は持ち前の商品ラインナップをもとにFX、NYダウ、日経平均などの株価指数CFD、コモディティーが同一口座で取引ができます。

 

バイナリーオプションを検討している方は、ノックアウトオプションを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ノックアウトオプションがよくわかるサイト
ノックアウトオプションの評判とやり方を攻略 knockout-option.com
話題のノックアウトオプションは日本国内では唯一、IG証券が提供しており、オプションでありながらFXやCFDのような感覚で取引ができます。評判の理由は抜群の資金効率の良さ、為替や株価指数CFDなど豊富な銘柄、損失管理のしやすさにあります。「ノックアウトオプションの評判とやり方を攻略!IG証券なら俺に聞け」は、IG証券10年一筋のブログ管理人がネットでの評判、やり方、攻略法をまとめてみました。